高田機工株式会社

橋梁関連製品・工法

FRP製 新型壁高欄ハンドホール <FuRaPハンドホール>

英語:Fiber:繊維
   ultimate:究極
   Round:丸い
   airy:空気の様に軽い
   Prevention:予防保全
意味:繊維でできた究極の丸くて空気の様に軽い予防保全を考慮したハンドホール

特許申請中

中日本高速道路㈱・高田機工㈱ 共同開発製品

壁高欄のコンクリート充填性を考慮した形状の採用

従来の壁高欄ハンドホール直下は、内部振動機が十分に届かず充填不良やジャンカの発生が懸念されましたが、新型壁高欄ハンドホールは、下面側の勾配を変更するとともに空気抜き孔を多数設けることで、ハンドホール直下のコンクリート充填性を大幅に改善しました。

従来構造

新型構造

● 施工試験による充填性の確認状況

・コンクリート施工直後

従来構造

新型構造

・完成後のコンクリート充填状況の確認

従来構造

新型構造

ハンドホール下面側の充填性向上孔の追加

新型壁高欄ハンドホールは、ハンドホール下面側にコンクリートの充填性を向上させる空気抜き孔を設けました。空気抜き孔の大きさは、コンクリートの施工試験を行い間隔や孔径を決定しました。

● 施工試験による空気抜き孔の有効性確認

壁高欄ハンドホール角部のひび割れ抑制に配慮した曲面設計

従来の壁高欄ハンドホールは、鋼製でコーナー部が鋭角な構造であるため、完成後に乾燥収縮や活荷重振動などの影響により、コンクリートクラックがハンドホールのコーナー部から発生しやすい構造でした。

新型壁高欄ハンドホールでは、硬くて鋭角な鋼製の構造から、曲面設計されたFRP構造を採用することで、ハンドホール・コーナー部からのコンクリートクラックが極力、発生しない構造としました。

従来構造

新型構造

ハンドホール内部明色仕上げによる配線作業性の向上

新型壁高欄ハンドホールでは、ハンドホール内部を白色系のゲルコート塗装を施すことで明色仕上げし、電気・通信の配線作業性を向上させました。

また内面のFRP仕上げは、自動車産業技術を用いた特殊仕上げとしているため、GFRP特有の繊維による配線損傷が生じない仕上げを施しています。

壁高欄コンクリートの断面欠損を軽減した防護柵機能の向上

従来の壁高欄ハンドホール近傍の鉄筋は、ハンドホールと干渉する箇所の壁高欄主鉄筋を多数切断していましたが、新型壁高欄ハンドホールでは、極力、壁高欄主鉄筋の切断を少なくする構造としました。(下図の地覆部斜め鉄筋。)

また、従来よりもコンクリートの欠損部が減少したため、防護柵機能が向上しました。

従来構造

新型構造

● FEM解析による防護柵機能の比較

従来構造

新型構造

FRP材料の採用による大幅な重量軽減

従来の壁高欄ハンドホールは、重量が42kgもあり、作業者が設置するのに非常に労力を有するとともに、重量物を持ち上げることによる落下事故の危険性が危惧されました。

新型壁高欄ハンドホールでは、非常に軽量なFRP材料を採用することで、大幅な軽量化に成功しました(53%軽量化)。型枠設置時の作業においては、従来、30kg近くのハンドホールを設置していたものが、わずか3kgと1/10まで軽量化されたため、女性作業者でも楽に設置することが可能になりました。(鋼製蓋は後付け。)

● ハンドホールの重量比較

コンパクト輸送・保管設計

従来の壁高欄ハンドホールでは、箱構造単位での輸送でしたが、新型壁高欄ハンドホールは、鋼製蓋と分けてFRP本体を重ねて輸送できるため、非常に輸送効率が向上しました。

またFRP本体は軽くて重ねることができるため、現場での保管スペースを削減することもできます。

製品仕様

名称 記号 サイズ 備考
東・中・西日本高速道路
機械電気通信設備
標準設計図に相当
HH-FE(FRP) 600x360x200x163
HH-F3(FRP) 1200x360x200x163 接続用
HH-F4(FRP) 1000x360x200x163 伸縮用

※標準品以外は、特注品になり金額・納期も大きく異なるため、事前に御問い合わせ下さい。

技術的なお問い合わせ
〒556-0011
大阪市浪速区難波中2丁目10番70号
(パークスタワー6階)
高田機工株式会社 設計部
電話:(06)-6649-5170
FAX:(06)-6649-2439
営業的なお問い合わせ
〒556-0011
大阪市浪速区難波中2丁目10番70号
(パークスタワー6階)
高田機工株式会社 営業本部
電話:(06)-6649-5122 
FAX:(06)-6649-5228

お問い合わせ

ページTOP